カードローンが完璧に身に付く本

カードローンが完璧に身に付く本

金の価格はピーク時(80年1月)の6分のーまで暴落しています。ところが、同じ宝飾品であるダイヤモンドの価格は大きな値崩れもなく安定しています。ダイヤモンドの価格はなぜ値下がりしないのというと、これは世界最大の原石供給元であるデビアス社(南アフリカ)がダイヤモンドの価格が暴落しないように傘下の中央販売機構を通じて供給量をコントロールしてきたためです。

 

このデビアス社は在庫や自社鉱山による産出や海外の鉱山との独占契約に基づいて買い付けたものなどにより、世界のダイヤモンド原石の7割前後(ピーク時は9割)を供給しているといわれています。ダイヤモンドの価格が下落しそうな場合には供給量を減らして値崩れを防ぐというわけです。値崩れしづらいダイヤモンドであればキャッシングで購入しても安心できます。

 

このような需給調整は大恐慌の1930年代にダイヤ相場の暴落対策として実施されて約70年間も続けられていました。しかし、原石の供給量が増えて1社でコントロールできくなってきたことと欧米の独占禁止当局がこのやり方を問題視し始めたことなどからデビアス社は2000年7月にダイヤの需給調整を放棄することを公表しました。

 

ちなみにダイヤモンド総生産額は98年でー億1500万カラットです。主な生産国と生産比率は、オーストラリア35%、ロシア10%、ボツワナ10%、コンゴ民主共和国(旧ザイール)3%、南アフリカ共和国9%、アンゴラ24%、ナミビア14%、ブラジル0.8%などとなっています。また、カラットとは宝石の重さを表わす単位のことで、1力ラットは0.2グラムです。

 

では、ダイヤモンドの価格はどのような仕組みになっているのかというと、ダイヤモンドの小売価格は、卸売価格の約2倍で、輪入業者(商社など)のマージン(手数料)が15から30%程度、一次卸(製造卸)と二次卸のマージンがそれぞれ15%程度程度、小売店のマージンが30%程度といわれています。ダイヤモンドの輝きはキャッシングしてでも手に入れたいものです。好きな彼女や奥様にと誕生日や記念日に送りたいものです。

 

消費者金融一覧

続きを読む≫ 2014/04/21 13:47:21

複数の会社でローンを組んでいる人や、過去の金利が高い時に借りた人など、今の低い金利でのおまとめローンがお勧めです。キャッシングの金利は、たいていの場合は借りたお金が少ないほど高くなっています。10万円を借りた場合は金利が20%で、100万円を借りた場合は15%というように、多く借りるほど金利が低くなります。

 

10万円を10社で借りた場合は、20万円の金利を払うことになり、同じ100万円の借金でも1社で借りると15万円で済みます。このように、借金をまとめることで金利が節約できます。それだけではなく、お金の管理も楽になります。10社への返済となると、返済日もまちまちで、ついうっかり返済し忘れることにもなりかねません。

 

1社にまとめることで、返済日も1回となり、借金の把握もすぐにできます。おまとめローンを組む場合に、注意することもあります。このローンは、返済専用のローンとなります。普通のキャッシングのように、繰り返し何回でも借りられるという商品ではありません。新たな借金は、おまとめローンではできません。逆に、借金が増えないのでメリットともいえますが、今まで何社からも借りることに慣れている人には、きつい部分があります。

 

また、おまとめローンを扱っている金融機関によっては、他社からの借入を認めないことがあるので、充分な注意を払ってからの契約が必要です。しかし、金利の面から考えると、はるかにメリットの方が大きいのです。いろいろな金融機関で比べてみると、金利が低いところもたくさんあり、200万円の借金では、金利だけで年間5〜6万円もの差が出てきます。

 

おまとめローンを申し込む場合は、審査に時間がかかるうえに、提出書類もたくさんあり、場合によっては保証人が必要になるかもしれません。しかし、サラリーマンなどの安定した定期的な収入がある人は、たいていの場合は審査に通るので、複数の会社でキャッシングを行っている人にはお勧めです。

 

続きを読む≫ 2014/04/21 13:47:21

カードローンなどのキャッシング、カードローンのように利用目的に制限のないものなら、利用者の都合に合わせて、さまざまな利用が可能です。キャッシングが出来る商品の中でも、カードローンは利用目的に制限がなく、金利も比較的有利で、利用上限額も数百万円から多いものだと、1000万円のものまであり、利用者の目的に合わせて、幅の広い利用が可能です。

 

キャッシング可能額は、1万円から利用可能金額まで利用できるものが多く、必要な金額を必要なときに、融資を受けることができる商品になっています。カードローンタイプのキャッシングは、利用可能な上限額まで、何度でも借り入れることができ、利用中に借り入れたり返済することができる、大変柔軟性に富んだ、ローンとなっています。

 

カードローンはATMから借り入れを行ったり、インターネットで振り込みの融資を申し込んで、指定の銀行口座に振り込んでもらったりと、さまざまな借り入れ方法があります。利用者の都合に合わせて、使うことができるので、ライフスタイルに合わせやすいローンです。返済もさまざまな方法が用意してあるので、通勤の途中にATMに立ち寄って返済したり、提携しているコンビニエンスストアのATMで買い物のついでに返済したりといった利用が可能です。

 

利用できるATMは、利用しているキャッシングの金融機関のATM以外にも、提携している金融機関や駅、空港、コンビニエンスストア、ショッピングモールなどのATMが利用可能です。ショッピングや交通機関で移動している途中で、現金が不足したら借り入れ、お金の都合がついたら返済をするという利用が可能です。

 

借り入れも返済も多彩な方法が用意されていて、24時間365日、借り入れや返済が可能なので、便利に活用できるローンです。計画的な返済のためには、返済プランが必要ですが、返済プランを立てるために必要な、返済シミュレーターなども提供されているので、よりよい返済計画を考えることが可能です。

 

お金借りる 方法

続きを読む≫ 2014/04/21 13:47:21

キャッシングとは、お金を借りることを言います。つまり融資のことです。借り方は様々あります。銀行に借りたり、消費者金融というところに借りたりありますが、それぞれ、利息が違っていたり、審査の方法が違っていたりしますので、自分に適した所を選んでキャッシングする必要があります。この審査というのは、どの程度の給料があるかによって決まったり、過去の返済状況を見て決まったりなどというように、その人の経済状況が大きく物を言います。

 

より簡単にお金を貸してくれる所は、やはり消費者金融です。消費者金融にも、いろいろありますので、自分に適したところや自分の好みに合うと思うところを選んで借りるとスムーズです。ホームページを見てもわかるように、各社それぞれに特色があり、中には、女性に特化したレディース向けと書いてあるようなところもあります。

 

借りる会社が決まったら、今度はそこの会社にあるどの方法を使って借りるかを決めます。借り方にもいろいろあって、店舗に実際に行って借りることももちろん出来ます。しかし、そのように直接店舗に行くのは周囲にお金を借りに行っていることがばれてしまうから恥ずかしいという人もいますので、そういう人のために、店舗に行かなくてもいくらでもキャッシングする方法はあります。

 

フリーダイヤルでの電話やインターネットで、融資の予約をしてからだと、近くのコンビニエンスストアにあるキャッシュディスペンサーで現金を手にすることが出来ます。これについては、地方にお住まいの人で、近くに消費者金融の店舗がなくて困っているという人にとってもとても便利なサービスです。

 

また、通帳に入金の際には、消費者金融の会社名が出ないようにするサービスがある会社もあります。会社名ではなく個人名での振込に応じてくれるのです。こうすると、消費者金融で借金したことがあるということで、通帳にずっと証拠が残るという事がありませんので安心です。

 

キャッシング 即日融資

続きを読む≫ 2014/04/21 13:47:21

キャッシングを利用するにはどこを利用すれば良いか悩む部分ですが、自分の環境や属性を重視して選んでいく必要があります。使途が制限されない現金融資では、消費者金融や銀行系列の融資、信販会社などがありますが、金利を重視するのか融資額の大きさを重視するのかによって選ぶ金融業者は異なってきます。

 

また、融資を受けやすいかどうかも利用者に左右される部分ですから、利用目的と生活環境が業者選びでは重要な部分となります。金利で選ぶ場合には、銀行系が最も低く消費者金融が最も高くなってしまいます。融資額でも同じように銀行系が最も高くなりますが、利用のしやすさと言う面においては消費者金融が最も借りやすくなるのです。

 

利用のしやすさとは、審査基準の厳しさが最も障害となる部分ですが、その他にも審査に時間がかからず、すぐに融資が受けられる点にも違いがあると言えます。銀行系の融資の特徴は、高額融資に対応できる点と金利が低いというメリットがありますが、その分審査にかかる時間が長くなりますし、審査基準も厳しくなることから誰でも融資が受けられるという訳ではないと言えます。

 

一方で消費者金融の特徴は、少額融資に最適な環境があり、審査時間が短くすぐに融資が受けられるというメリットがあります。消費者金融のキャッシングでは、店舗に足を運ばなくてもインターネットから簡単に申し込めることもメリットとしてありますし、その日のうちに指定口座に振り込みが可能な即日融資が基本となっています。

 

銀行系の融資では安定した職業に就いていることが基本となりますので、正社員として勤務していることが最低条件になっています。一方で消費者金融では、20歳以上で一定の収入があれば主婦や学生であっても融資が受けられるという特徴があります。

 

消費者金融のキャッシングには利用のしやすさや審査基準が緩いといったメリットがある分、高額な融資には対応できず金利が高くなってしまうという特徴があるのです。ですから、全ての金融機関の審査に通る人であれば自分の利用方法によって業者を選ぶことが大切なのです。

 

消費者金融 審査どうしても通したい

続きを読む≫ 2014/04/21 13:47:21

ホーム RSS購読 サイトマップ